レビュー記事

【レビュー】B-PROJECT 快感*エブリディは甘くてかわいくてかっこいいアイドルたちの絆やときめきを堪能しつつ、ハイクオリティな楽曲をプレイできるリズムゲーム

アイドルプロジェクトとして始まったB-PROJECT(通称:Bプロ)のアプリゲーム、その名も「B-PROJECT 快感*エブリディ」。

甘くてかわいくてかっこいいアイドルたちの絆やときめきを堪能しつつ、ハイクオリティな楽曲をプレイできるリズムゲームです。

アニメ化もされており、メディアミックス作品としても知られているB-PROJECT。その魅力や、B-PROJECT 快感*エブリディの遊び方をご紹介します!

B-PROJECT 快感*エブリディをおすすめしたい人!
  • アイドル育成アプリが好き
  • リズムゲームが好き
  • 女性向けコンテンツには、ときめき要素もほしい
B-PROJECT 快感*エブリディ
B-PROJECT 快感*エブリディ
開発元:MAGES. Inc.
無料
posted withアプリーチ

B-PROJECT 快感*エブリディとは

【あらすじ】
業界大手のレコード会社「ガンダーラミュージック」に
新人ディレクターとして就職した主人公。

まるで仕掛けられた人生の罠であるかのように、
入社早々『キタコレ』『THRIVE』『MooNs』『KiLLER KiNG』という
4ユニットの担当を命じられてしまう。

初めての仕事は一筋縄にはいかず、様々なトラブルや悩み、
スキャンダルに、ゴシップニュースなど次々と巻き起こっていく。

様々な困難を超えて彼等と一緒にラブでサクセスなストーリーを駆け巡れ!!

B-PROJECTは、2015年9月にスタートしたアイドルプロジェクト。

総合プロデューサーを西川貴教氏が、企画・原作を志倉千代丸氏がつとめています。

アプリ版は「B-PROJECT 無敵*デンジャラス」としてリリースされましたが、2019年5月に「B-PROJECT 快感*エブリディ」として大幅リニューアルを実施。

リズム&アドベンチャーゲームとしてより遊びやすく、より魅力が増したと好評のようです。

B-PROJECT 快感*エブリディのおすすめポイント

ではさっそく、実際にB-PROJECT 快感*エブリディをプレイした筆者の所感をまじえつつ、B-PROJECT 快感*エブリディのおすすめポイントをご紹介していきます!

豊富な楽曲と美しいビジュアル

B-PROJECTには4つのアイドルユニットが所属しており、それぞれがたくさんの楽曲を歌っています。

B-PROJECT 快感*エブリディには、そんなB-PROJECTの豪華楽曲が50曲以上も収録されているんです!

これ、すごいボリュームじゃないですか?

B-PROJECT 快感*エブリディのメインコンテンツはやっぱりリズムゲームなので、ここのクオリティが高いことは、アプリのクオリティに直結しますよね。

シンプルに、遊べる曲が多いと楽しいですし♪

ライブ中の映像もとても美しいので、操作に支障がない範囲でじっくり堪能してみてほしいです。

Live2Dでイキイキと動くキャラクター

B-PROJECT 快感*エブリディでは「Live2D」を採用しているため、キャラクターの立ち絵が動きます。

ストーリーはパートボイスとなっていますが、動きが立体的ですごく自然ですし差分の表情も豊富なので、物足りなさはそんなに感じません。

ホーム画面のキャラクターも同様で、こちらはしっかりボイスありなので、ついつい何度もツンツンしてしまいます。

アニメ化も!楽しみ方のバリエーションが広い

B-PROJECT自体は総合的なアイドルプロジェクトとして展開されているため、アプリをプレイする以外にもさまざまな楽しみ方があるんです。

まずはアニメ。これは「B-PROJECT~絶頂*エモーション~」として2019年に放送されました。

話数が決まっているので、アプリほど一人ひとりにしっかりフォーカスされるわけではありませんが、キャラクター同士の関係性や世界観をざっと把握するのにおすすめ。

もちろんフルボイスで聞けるので、アニメを見て推しを決めてからアプリをプレイする、なんて楽しみ方もありですね♪

また、配信楽曲もたくさんあります。ユニットごとの曲、B-PROJECTとしての曲、両方あるので、お好きなものを聞いてみてください。

お気に入りの曲を見つけたら、今度はB-PROJECT 快感*エブリディのライブモードで演奏してみましょう。

ただ聞いているだけとは、また違った良さがありますよ!

B-PROJECT 快感*エブリディのゲームシステム

ここでは、B-PROJECT 快感*エブリディのゲームシステム、遊び方を紹介します。

ライブをプレイする

ホーム画面の「ライブ」から、ライブをプレイします。

プレイモードに「リハーサル」と「通常ライブ」の2種類があります。

「リハーサル」は、曲名や難易度に限らず消費LP1で遊べるので、初めての曲や難易度でプレイするときに練習として使うのにおすすめです。

また、未開放の楽曲は「メロ」というアイテムを消費して開放できます。

「メロ」はストーリー読了時やイベント時の報酬としてもらえますよ。

ストーリーを読む

ストーリーは、「メインストーリー」と「メンバーストーリー」「イベントストーリー」の3種類。

さらに「メンバーストーリー」には、「キズナストーリー」や「フォトストーリー」など複数のストーリーが含まれており、読み応えはバッチリです!

ストーリーの解放条件はストーリーごとに違っていて、「メイン」ならプレイヤーLVを上げる、「キズナ」ならキズナストーリーキーを入手、「フォト」ならアイドル育成を行ってストーリーマスを解放などとなっています。

アイドル育成

ライブに出すアイドルを育成するのも、プレイヤーであるA&Rの仕事のひとつ!

ライブをクリアするなどで育成アイテムをゲットしたら、「アイドル育成」の画面から育成を行います。

フォトストーリーの解放もここから行えるので、推しをガンガン育てちゃおう!

キャラクター紹介

B-PROJECT 快感*エブリディに登場する、魅力あふれるアイドルたちを紹介します!

是国竜持(CV:岸尾だいすけ)

キタコレに所属する是国竜持は、まるで女の子みたいにかわいらしいビジュアルを持つアイドルです。

身長165cmに対して体重は47kg……可憐すぎます。

チュッパチャロスが大好きで、ボイスでもやたらとチュッパチャロスを推してきます。

音済百太郎(CV:柿原徹也)

MooNs所属の音済百太郎。名前はそのまま、ももたろうと読みます。

独特な雰囲気と美しすぎるビジュアルがとてもクセになります。好きです。

言葉も柔らかいですが、たまにSっ気を見せてきたりするあたりがまた罪なヤツ。

愛染健十(CV:加藤和樹)

THRIVEの愛染健十は、すごくアイドルみの強いキャラクターです。

女の子に対して「子鹿ちゃん」と言ってみたり、主人公に対しても「かわいいね、姫」と微笑んでみたり。

初見ではややチャラく感じるかもしれませんが、ストーリー中でその辺りの人間性について深堀りしていくと、また違った印象を持つかも!

実際にプレイした感想&まとめ

アイドルもの×音ゲーが好きな知人からすすめられて知ったB-PROJECT 快感*エブリディでしたが、総合プロデュースが西川貴教氏ということで俄然興味が湧いたのを覚えています。

やはり、というかなんというか、楽曲のクオリティが高く聞き応えバツグンなのが特長です。

曲の良さはそのまま音ゲーの満足度にも比例するので、リズムゲームとしてとてもおすすめできるタイトルだと感じました。

また、一人ひとりを掘り下げたストーリーも良い!

読んでいくほどB-PROJECT 快感*エブリディの世界に惹きつけられていくような感覚を覚えます。

B-PROJECT 快感*エブリディのメンバーはみんなアイドルだから、初見ではキラキラな面が目立ちます。

主人公のA&Rちゃんに対しても、平気で甘い言葉を投げかけてきますよね。

でももう少し踏み込んでストーリーを読み進めていくと、彼らの誰ひとりとして、キラキラだけで生きているわけじゃないってことがわかってきます。

悩んだり迷ったり憤ったり……自分と何も変わらない、ひとりの人間なんだなって感じさせてくれます。

そういう深みを見せてくれるのもまた、B-PROJECT 快感*エブリディの良さだと思います。

実際に芸能界で活躍する西川氏がプロデュースしているから、よりリアリティを感じられるのかもしれませんね。

推しの心に寄り添いつつ、それでもライブやアイドル活動では悩みなんて見せずに奮闘する姿を、涙をこらえて応援したい乙女にはぜひ!B-PROJECT 快感*エブリディをプレイしてもらいたいです。

B-PROJECT 快感*エブリディはメディアミックス作品としても知られており、アプリ以外にもアニメやCDなど、お楽しみ要素のバリエーションが豊富。

音楽が好き、ビジュアルが好きな乙女なら、長くじっくりどっぷりとハマれるコンテンツですよ♪

B-PROJECT 快感*エブリディ
B-PROJECT 快感*エブリディ
開発元:MAGES. Inc.
無料
posted withアプリーチ